top
カーテンの機能性について
縫製スタイル
カーテンのお手入れ方法1
カーテンのお手入れ方法2
洗濯ラベルについて
カーテンの縫製スタイル(ヒダ)

2倍ヒダ

オーダーカーテンの最も一般的なスタイルです。ドレープ性が非常に高く優雅に仕上がります。
2倍ヒダというのは、例えばカーテンを巾1メートルに仕上げる場合、巾2メートルの生地を使用するという意味です。カーテンの寸法に対して2倍の生地を使用するので、仕上がりに余裕ができてドレープ性が高くなります。装飾性の高い生地との組み合わせでより見栄えのよいカーテンに仕上がります。また、2倍ヒダのほか、生地を2.5倍使用する2.5倍ヒダ、3倍使用する3倍ヒダというものがありますが、生地を多く使用する分だけ高額になりますが、スタイル性の高い仕様との組み合わせでは、標準カーテンにはない豪華な雰囲気になります。カーテンには等間隔にヒダ山というものがありますが、2倍ヒダのヒダ山は三ツ山 となります。

▲ページのトップに戻る

1.5倍ヒダ

主に既製カーテンで使われるスタイルです。1.5倍ヒダというのは、カーテンの寸法に対して1.5倍の生地を使用するという意味です。ヒダ山は2ツ山となります。カーテンの価格は生地の価格に大きく左右されますので、最近はオーダーカーテンでも1.5倍ヒダを採用し、生地の使用量を少なくすることで価格を抑えようとする動きも見られるようになりました。また、当初は価格を抑えることを目的に導入された1.5倍ヒダオーダーカーテンも、シンプル、カジュアルなど生地のデザインによっては、逆にその生地の持ち味が引き出されるという効果もあります。金額だけでなく、家具や寝具など他の生活用品との組み合わせや個人の嗜好を上手に取り入れることで個性的で楽しい生活シーンを演出できます。

▲ページのトップに戻る

プレーンタイプ(ヒダなし)

プレーンタイプというのは、カーテンの寸法と同じ生地を使用するカーテンです。カーテンではおなじみのヒダ山はありません。

▲ページのトップに戻る

タブたすき(約1.3倍ヒダ)

カジュアルな吊り元で、デザインを楽しめるカーテンです。
比較的開閉の少ない場所におすすめします。

▲ページのトップに戻る

ハトメ(約1.3倍ヒダ

シンプルなスタイルでアート感覚のデザインを引き立てます。

▲ページのトップに戻る

ギャザー 約2.5倍ヒダ

ギャザーテープで細かくヒダを取ることにより立体感を強調したスタイルです。

▲ページのトップに戻る

注目サイト

大阪 脱毛サロン

2017/11/13 更新

Copyright(C) 2008 Functionality of curtain All Rights Reserved